p01

さつき盆栽の魅力について

盆栽とは鉢やその他器など狭い空間に樹や草などを植え、時には石などを使って広大な山木樹石の世界を表現する樹の美しさと共に詩情風韻と余韻を楽しむ。
さつきに置き換えれば、さつきを盆(鉢)又はこれに替わる器に植えて樹の美しさと共に詩情・風情や大自然のおもむきまで感じられる。
自然界にある選りすぐりの樹形の中から、自分の思い描くカタチを創作する事ができます。
花の咲いた姿、紅葉、芽吹、四季折々の美しい「さつき」を眺めて楽しむことを前提に樹形を作ります。
樹形を作る楽しさは奥が深い世界で、世界中の盆栽ファンが楽しんでいます。

さつきは日本固有の植物で、江戸時代に大流行し、数々の品種改良も行われました。
花を楽しむために育てられていましたが、明治時代に盆栽向き樹種のひとつとして注目され、多くの技術者たちによりさつき盆栽が誕生しました。
数多くの品種が現存している現代では、身近な植物として多くの人に愛されています。

繁殖方法 さつき盆栽が出来るまで
親木の芽を鹿沼土に挿す。主に葉に霧吹きで水をあげます。
[6ヶ月後] 根が30~40mm程度に延びたら植え替えます。
[約1年後] 根が鉢いっぱいになる前に植え替え、幹を育てます。
[2年後] 針金で自由に曲付けします。
[5年後]
[10年後]